So-net無料ブログ作成

【妖精図書館】明日のお昼に配信!【DQ10】 [クエスト]

707.jpg
いよいよ明日、『妖精図書館』シリーズが配信です。それに伴い、深夜3:00からメンテナンスとなります。メンテ明けは5:30頃ですが、妖精図書館へ行けるようになるのは12:00からです。メンテナンス中はゲームへのログイン、超便利ツール、冒険者の広場が使えません。




◆公開されている情報のまとめ
『妖精図書館シリーズ』とは?
記憶の本の登場人物をプレイヤー自身が操作し、アストルティアの過去の出来事を体験するクエスト。

『妖精図書館シリーズ』第一弾「夜の神殿に眠れ」
第1話 「運命の出会い」
受注条件:特になし
受注場所:妖精図書館 1階
依頼主:妖精図書館の管理人“ミモリー“
クリア報酬:いのちのきのみ(最大HP+1)

クエスト受注場所である『妖精図書館』はメギストリスB-3にある井戸から行けます。
タイトルが消えている本が現れたことで、妖精図書館の管理人である「ミモリー」が困っています。本のタイトルを知るため、プレイヤーは記憶の本の中に入り、本に刻まれた誰かの大切な記憶を呼び起こすことに。
この「誰か」ですが、『賢者マリーン』だと噂されてますね。「リィン」と髪型、服装、腰のベルトの形状がとても似ています。

708.jpg
第一話で全ての場所へは行けないと思いますが、なかなか広そうなマップです。
本の中へ入ったプレイヤーはトレジャーハンターの「リィン」という女性を操作して「夜の神殿」という古い遺跡を探索します。「ラウル」という青年も登場。(ラウルの操作が可能かは不明)
709.jpg

第一話のボリュームはいかほどか・・。
同じような変り種のクエストだと、過去にミステリークエスト『妖魔のまなざし事件』がありましたが、確か1時間くらいかかった気がします。ですがこれは単体完結クエストですので、『妖精図書館』の第一話は導入部とはいえ、短すぎても残念ですし、20~30分くらいかなーと予想しています。

『妖魔のまなざし事件と』同じく、プレイヤーキャラの強さは関係ないので、育っていないサブキャラでも出来ますね。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます